パーソナルカラーとは同化することであり、顔色をコントロールすること!

パーソナルカラーの基礎知識

パーソナルカラーとは同化すること

パーソナルカラーとは同化することです。


では同化とはなんでしょうか?


同化とは、隣り合う色が影響しあって中間の色に見えることを言います。


例えば同化を利用したよくある例として、スーパーなどで見かけるみかんやオクラのネットがあります。


左右を比べてよく見てください。

どちらが色鮮やかに、美味しそうに見えますか?

ブルーベースなら青みの色に同化する

青みの色が顔のそばにくれば、当然同化を起こし顔は白っぽくなります。なので、自分が白く見えることを優先にしたいと考えるなら、ブルーベースの色を身につければいいということになります。

イエローベースなら黄色みの色に同化する

同様に黄色みの色が顔のそばにくれば、当然同化を起こし顔は鮮やかになります。自分の顔が鮮やかに見えることを優先にしたいなら、イエローベースの色を身につければいいということになります。


パーソナルカラー診断とは、どちらの色があなたに調和するかを見ているのですね。


よろしければ下記記事をどうぞ!

パーソナルカラーは目の錯視を利用している!

イエローベースとブルーベースの見た目

イエローベースかと思ったらブルーベースであることはたまにありますがが、ブルーベースだと思ったらイエローベースだったということはほとんどありません。

しかし、レモンイエローのような青みの黄色肌もブルーベースに含まれます。このタイプが一番、ぱっと見でパーソナルカラーが分かりにくいです。


イエローベースの特徴を兼ね備えていることが多いからです。

まとめ

パーソナルカラーは、同化することだと言いました。この同化を利用して顔色を白くみせたり鮮やかに見せたり、コントロールが可能になります。


これは単純に顔色をコントロールできるということに留まらず、色の持つ心理的作用をを利用して、自分自身の見せ方をコントロールできると言うことです。


パーソナルカラーの枠だけにと留めず、今後色の持つ心理的作用についても書いていきます。


それではまたお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました