弔事でパーソナルカラーが使えない!どうすればいいの?

「弔事でパーソナルカラーが使えない!」とお嘆きのあなたに残念なお知らせです。弔事の際にはパーソナルカラーは使えません。


今回は、パーソナルカラーが使えない弔事の際に必要なものや、常識的なメイクなどについて書こうと思います。

服装は?

服装は黒のアンサンブルやスーツなどあらかじめ持っておくのが良いです。社会人になったら1着持っておくと良いですね。


何年も前に買ったからサイズが合わないなんてことのないようにしましょう。1年に1回はアイロンをかけたり、クリーニングに出してください。


クローゼットから出したついでに、サイズもチェックしておきましょう。

冬場など寒い時期は…


冬場は黒いコートが必要になります。パーソナルカラーではないですが、1着、スタンダードなミドル丈の黒いコートを持っておくと、まさかの際に役立ちます。


寒い時期の黒のタイツはOKです。ですが心配であれば、黒のストッキングで参列しましょう。

メイクは?

華美なメイクは控えるのが無難です。アイシャドウはベージュやブラウンなど落ち着いた色味のものを使用しましょう。


派手なネイルをしている場合は、落としておくのが無難です。


リップは派手な色を避けて、グロスやラメなどは控えましょう。




今回は弔事の際の服装とメイクを紹介しました。


弔事はいつあるか予想のできるものではありません。日頃から備えて、常識的な立ち振る舞いができると良いですね。それではまたお会いしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です