何歳くらいからパーソナルカラー診断を受けたほうが良いか?と言う問題

パーソナルカラーと言うものがあると知って、実際に受けてみたいと思ったとします。
パーソナルカラーは、主に肌のトラブルを目立たなくし、キレイに見せるためのものです。
果たしてそれを何歳くらいから受ければ良いのでしょうか?

パーソナルカラー診断はアラサーくらいから

結論から言えば、私はアラサーくらいから考えてみるといいのではないかと思っています。
なぜなら、若いうちは肌にハリ・ツヤがあるので、ほとんどの色が似合ってしまうからです。


パーソナルカラー診断は、色を狭める考え方ではない、とよく言われます。
似合う色がわかるので、むしろ幅は広がるという考え方ですね。


しかし、ブルーベースの人はイエローベースの色が苦手ですし、逆も然りです。


苦手な色は苦手です。


若いうちはその垣根を飛び越えて、どの季節タイプの色も着こなせてしまいます。
なので、若いうちはどんな色でも楽しむと良いのではないかなというのが私の考えです。

20代は…

では、20代のかたはどうするのがベストでしょうか。


肌がキレイで、似合わない色を感じることもないかたは、まだパーソナルカラー診断の必要はないでしょう。


一方で、肌にトラブル(例えばニキビやそばかす)があるかた、ファッションやメイクに迷いがあるかたは、パーソナルカラー診断を受けるといいかもしれません。


美容に興味があり、学びたいという方も、試してみると良いですね!

30代は…

それでは、30代のかたはどうでしょうか。

30代は、肌に違和感を覚え、なんらかの対策を考えるかたが多いです。


肌のトラブルが気になり始めたかた、高い化粧品を買おうとしているかた、似合わない色が増えたと感じるかたはパーソナルカラー診断を受けてみると良いかもしれません。
お悩みを解決する手段になり得ます。


もちろんまだまだ肌に違和感やトラブルのないかたは、パーソナルカラー診断を受けなくてもOKですね。

40代以上は…

個人的には40代以上は全員受けたほうが良いと思っています。(笑)
いかに今を維持できるか、または若返るかを悪戦苦闘する頃ですよね。


とても高いクリームや美顔器、エステなどにお金を投下する前にパーソナルカラー診断を受けることをオススメします。


もちろん土台は大切ですから、基礎化粧品や補正下着、ヘアカラーなどには賛成派です。

まとめ

何歳くらいからパーソナルカラー診断を受けたほうが良いか?と言う問題について書いてきました。


結論はアラサーくらいからと考えますが、お悩みを抱えているかたは早くに受けることで、解決する場合もあります。


お肌のトラブルで悩み始めたとき、パーソナルカラー診断という選択肢を思い出していただけたらと思っています。


それでは、またお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です