メンズのパーソナルカラー診断で気にすべきこと3点挙げてみた!

メンズたちも美意識が高くなってきました。スキンケアや脱毛など、女性も真っ青な美意識の高さ!



そんな中、パーソナルカラー診断を受ける男性も増えてきました。



そこで、男性がパーソナルカラー診断において気をつけるべき点、3点を挙げ、さらに具体的解決策を提案していきます。

1.女性とはそもそも悩みが違う

女性とは悩みが違うことを自分でも意識してください。例えば色白がコンプレックスであるとか、ニキビが多いとか、ヒゲの剃り跡が目立たなくなりたいとか、目標を明確にしてあらかじめカラリストにそれを伝えましょう。



厳密に「この色が似合うよ」と提案される以上に悩みの解決の方が、優先である場合があるからです。相手はプロですから、悩みに寄り添ってくれるでしょう。

2.見るところも微妙に違う

男性のお悩みは清潔感重視であることが多いです。肌はムラなく見えるか、ヒゲの剃り跡は目立たないか、健康的な爽やかさがあるかなどです。例えば顔の大小よりも印象の方が優先で、目力はあるか、信頼感は得られるかに重きを置く傾向があります。



ですから、見るべきポイントも男性と女性では異なります。

3.診断後の展開が上手くない

パーソナルカラーがわかっても、自分に似合う色がわからなくなりやすいのは、男性に多いです。色を大雑把に分けており、「黄み寄りの青」や「青み寄りのピンク」などが、いまいちわからないといった感じです。



解決策として、診断後にもらう似合う色のカラーパレットを買い物の際に、持って歩くことをオススメします。



また、信頼できる友人や恋人・家族に付き添ってもらうのも良いでしょう。



金銭的に余裕のある方は、カラリストにお買い物アテンドを依頼するのもありです。初めから、お買い物アテンド付きのコースを選ぶのも良いですね!

まとめ

いかがでしたか?
そこの美意識高めのあなた!パーソナルカラー診断を受けてみませんか?
健康的に見え、清潔感・信頼感が得られます。コンプレックスもまだ他なくなりますよ!



簡易的な診断は以下からどうぞ

もうすぐAIパーソナルカラー診断のwebサービスを開始します。どうか楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。



それではまたお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です