イエローベース春タイプと分かっても、なぜ似合わない色があるのか?

フォーシーズンカラーは、ブルーベースとイエローベースを分割し、夏タイプと冬タイプ、春タイプと秋タイプに分けた、自分に似合う色を見つけるメソッドです。


しかし現状では、セルフ診断や診断士の曖昧な態度によって、本当に自分に似合う色がわからなくなってしまい、パーソナルカラー難民になってしまうかたも多くいます。


そこで、春タイプはなぜ春と言われるのか、夏タイプはどうなのか、4回に分けてじっくり説明していこうと思っています。


今回は1回目。春タイプの説明です。

春タイプは、若々しく快活な印象のかたが多いです。
それは春タイプに似合う色の特徴に影響があります。


下記の図は、春タイプに似合う色のトーンを表しています。


トーンがわからないかたは、この記事が参考になりますよ!

デザインで使えるパーソナルカラー!パーソナルカラーは紙面やwebなどにも効果的


春タイプは、ビビッドトーン・ブライトトーン・ライトトーンがとても似合います。フォーシーズンの中で、最もカラフルな色彩が似合うということです。


そしてここからセカンドカラーの話をします。

あなたのセカンドカラーは?

夏タイプの場合

セカンドカラーの概念はとても重要です。自分がどういう特性を持っているかがわかるからです。


セカンドカラーが夏タイプの場合、当然2番目に似合う色は夏タイプのカラーになります。それはどういうことを指しているのかと言うと、
「あなたは春タイプだけれど、ソフトな色が似合います」と言うことです。


それは、場合によってビビッドトーンやブライトトーンのような強い色だと顔が黄ばんたり、火照って見えたりします。


ライトトーンやソフトトーンなどの中明度から高明度で、中彩度の色があなたに一番調和します。


通常の春タイプの特徴は、下記の図のようになります。




セカンドカラーが夏タイプの場合、あなたに似合う色は下記の図のようになるのです。


秋タイプの場合

それではセカンドカラーが秋タイプの場合はどうでしょうか。


セカンドカラーが秋タイプの場合、当然2番目に似合う色は秋タイプのカラーになります。それはどういうことを指しているのかと言うと、
「あなたは春タイプだけれど、ディープな色が似合います」と言うことです。


それは、場合によってライトトーンやペールトーンのような淡い色だと顔がぼんやりと寂しく見えたりします。


ディープトーンやダークトーンなどの中彩度から高彩度で、低明度の色があなたに一番調和します。


セカンドカラーが秋タイプの場合、あなたに似合う色は下記の図のようになるのです。

まとめ

いかがでしたか?
「自分の季節タイプは分かっているけれど、いまいち似合わない色があるなー」と言うかたの疑問が解けたら何よりです。


次回は夏タイプについて解説します。
またお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です