パーソナルカラーがわかった後にみんながぶち当たる問題5選

自分のパーソナルカラーはわかった、しかしその後、欲しい服や着たい服、コスメがパーソナルカラーの色かがわからない!多くのかたがぶつかる問題です。以下では、パーソナルカラーがわかった後に、行き詰るあるある6選をお届けします。


各項で、詳細を深掘りした記事を別途書いていく予定です。すでに書いたものはリンクを貼ってあります。


それでは参りましょう。

1.欲しい服や着たい服、コスメがパーソナルカラーの色かがわからない

欲しい服や着たい服、コスメがパーソナルカラーの色かがわからない。似合う色のカラーカードはもらったけど、そもそもドンピシャの色なんてないし、どうすればいいの?!黄みを含んだ色もしくは青みを含んだ色ってなに?!という状態になっていませんか?


詳細は、下記記事をご覧ください。イエローベースとブルーベースの見分け方が理解できるようになるはずです。

欲しい服やコスメがパーソナルカラーの色かがわからない!【結論】色相環を覚えよう

2.明度の高低がわからない

明度の高低がわからない。これについては下記記事を参考にしてください。明度について詳しく解説しているので、高低を理解するヒントになるはずです。

明度の不思議


3.彩度の高低がわからない

彩度の高低がわからない。これについては下記記事を参考にしてください。彩度が顔にどんな影響を与えるかを解説しています。自分に調和する色を探すきっかけになるかもしれません。


彩度の不思議


4.清色か濁色かわからない

清色か濁色かわからない。これについては下記記事を参考にしてください。清色とは何か、濁色とは何かを詳しく解説しています。清色、濁色の概念が理解できるはずです。


パーソナルカラーの清濁って何?


5.自分に似合っているかがわからない・効果がわからない

自分に似合っているかがわからない。客観的に見ることができない問題ですね。

カラリストに見てもらったり、セルフで診断することでパーソナルカラーはわかったものの、いざ自分で服やコスメを合わせてみると似合っているのか、あるいは若見えや着痩せなどの効果が実感できない。これもよくある問題です。

この問題は下記の記事をご覧ください。パーソナルカラーの目的を思い出すことで、解決するかもしれません。

自分に似合っているかがわからない・効果がわからない問題


以上5点のあるあるを見てきました。


パーソナルカラーはわかっても、その後の活用方法は意外とフォローされていなかったりする現状があります。色は無数にあるにもかかわらず、パーソナルカラーとして提示されるのは、多くて30色程度。せっかく診断がわかったのなら、正しく活用して高感度を爆上げしたいですよね。


最初から自分に似合う色が全部わかる人はいません。参考にしてくださいね、是非またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です