デザインで使えるパーソナルカラー!パーソナルカラーは紙面やwebなどにも効果的

パーソナルカラーがわかると、紙面やwebなどのデザインに使うことができるようになります。


今回は、色使いに悩むデザイナーさんやイラストレーターさんに向けて、記事を書いていこうと思います。


趣味で描くあなたにも参考になりますよ!

統一感が出る

パーソナルカラーの季節ごとに色を取り入れると、何が良いのか。
それは、統一感が出ることです。


パーソナルカラーの色合いは、トーンといわれる色の調子が揃っているものが多いです。それが統一感が出る要因となります。

各季節の色の特徴

春タイプはカラフルなイメージですね。
ペールトーン・ライトトーン・ブライトトーン・ビビッドトーンが似合います。


夏タイプはスモーキーなイメージなイメージです。
ペールトーン・ライトトーン・ブライトトーン・ライトグレイッシュトーン・グレイッシュトーン・ソフトトーン・ダルトーンが似合います。


秋タイプは落ち着いたイメージイメージです。
ライトグレイッシュトーン・グレイッシュトーン・ソフトトーン・ダークグレイッシュトン・ダルトーン・ソフトトーン・ストロングトーンが似合います。


冬タイプはビビットなイメージです。
ペールトーン・ブライトトーン・ビビッドトーン・ダークグレイッシュトーン・ダークトーン・ディープトーンが似合います。

どんな場面で効果的か

春タイプの色合い

絵本や雑誌など明るい印象にしたいときに使うと良いです。

夏タイプの色合い

くすんだ淡い世界観を表現したいとき、特に紙媒体で効果を発揮します。

秋タイプの色合い

落ち着きのある大人向けの媒体、紙でもwebでも効果的です。

冬タイプの色合い

キャッチーで、目を引くポスターや、大きなモニターで見る媒体に向いています。




まとめ

このようにパーソナルカラーは、ファッションやメイク以外にも活用できるのです。



デザインしたものや、描いたイラストにいまいち統一感がないなと感じたら、是非パーソナルカラーを取り入れてトーンを揃えてみてください!



それではまたお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です