パーソナルカラー診断で季節タイプは分かっても、なぜ似合わない色があるのか?

パーソナルカラー診断で季節タイプは分かっても、なぜ似合わない色があるのか?

パーソナルカラー診断はプロにしてもらったことがあるから、得意な色はわかっているのに写真写りとか見ると、「あれー?パーソナルカラーなのにイマイチ」といったことが起こってしまう。


そこで、夏タイプはなぜ夏と言われるのか、4回に分けてじっくり説明していこうと思っています。


この記事は「パーソナルカラーなのになぜ似合わないの?」の疑問にお答えし、理由を共有します。


今回は2回目。夏タイプの説明です。


1回目、春タイプの記事は以下になります。良かったら是非。

イエローベース春タイプと分かっても、なぜ似合わない色があるのか?

夏タイプは、優しげでソフトな印象のかたが多いです。
それは夏タイプに似合う色の特徴に影響があります。


夏タイプのパーソナルカラー自体が優しくソフトな色だからそう言う印象になるということです。


下記の図は、夏タイプに似合う色のトーンを表しています。


トーンがわからないかたは、この記事が参考になりますよ!

デザインで使えるパーソナルカラー!パーソナルカラーは紙面やwebなどにも効果的

夏タイプは、ライトトーン・ソフトトーン・ダルトーン・ストロングトーンがとても似合います。フォーシーズンの中で、比較的中彩度の色彩が似合うということです。


そしてここからセカンドカラーの話をします。

あなたのセカンドカラーは何タイプ?

あなたはパーソナルカラー診断をしたとき、セカンドカラーを聞いていますか?
セカンドカラーの概念はとても重要です。自分がどういう特性を持っているかがわかるからです。

春タイプの場合

パーソナルカラーが夏タイプで、セカンドカラーが春タイプの場合、2番目に似合う色は春タイプのカラーになります。


それはどういうことを指しているのかと言うと、「あなたは夏タイプで、ソフトな色が似合います」と言うことです。


それは、場合によってストロングトーンのような強い色だと顔に影ができたり肌のトラブルを強調してしまうことがあります。


ライトトーンやソフトトーンなどの中明度から高明度で、中彩度の色があなたに一番調和することになります。


そして春タイプの中にもあなたに似合う色がある、と言うことになります。


通常の夏タイプの特徴は、下記の図のようになります。



セカンドカラーが夏タイプの場合、あなたに似合う色は下記の図のようになるのです。



色相と彩度に変化があるのが分かりますか?


冬タイプの場合

それではセカンドカラーが冬タイプの場合はどうでしょうか。

パーソナルカラーが夏タイプで、セカンドカラーが冬タイプの場合、当然2番目に似合う色は冬タイプのカラーになります。


それはどういうことを指しているのかと言うと、「あなたはブルーベースの色が似合います」と言うことです。


イエロベースの色だと顔が火照って見えたり、黄ばんで見えたりしてしまうかもしれません。
ブルーベースの色で夏タイプと冬タイプに共通する色があなたに一番調和します。


セカンドカラーが冬タイプの場合、あなたに似合う色は下記の図のようになるのです。



彩度や清濁で違いがあるのが分かりますか?

まとめ

いかがでしたか?


「自分の季節タイプは分かっているけれど、いまいち似合わない色があるなー」と言うかたの疑問が解けたら何よりです。


パーソナルカラーだから全てが似合うわけではありません。上手に似合う色、似合わない色を見極めましょう。


次回は秋タイプについて解説します。
またお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です