彩度の不思議

パーソナルカラーにおける彩度とは

彩度は文字通り色の鮮やかさを表します。そして彩度は顔色にかなりの影響を与えます。



左が鮮やかな高彩度、右が低彩度の色になります。

イラストを見てください。顔色が着ている服の色にひっぱられるのが分かりますね。高彩度では顔色が明るく華やかに、低彩度では顔色が少しくすんで見えます。明度と同様の「同化」という現象です。

「同化」と「対比」について詳しく知りたいかたは、こちらの記事もどうぞ。

イエローベース・ブルーベースってそもそもなに?



また高彩度の色は派手な印象を、低彩度な色は地味な印象になります。そうすると「地味顔の私は鮮やかな色は着られないの?」と疑問がわきますよね。


彩度は顔の凹凸をはっきり際立たせる効果が期待できます。ですから一概に派手な顔立ち=彩度の高い服が似合う、とは言えません。むしろ地味顔のほうが顔立ちをはっきりさせてくれ、輪郭をキリッと見せる場合があります。


各季節タイプごとに似合う鮮やかな色がある(夏タイプは高彩度が苦手です)ので、顔色も顔立ちも華やかに見せる効果が期待できますね!