色相の不思議

パーソナルカラーにおける色相とは

パーソナルカラー診断をするとき、注意すべき点がいくつかあります。そのひとつに色相の問題があります。色相とは、赤や青といった色みのことです。色の持つ特性として、黄みの強い色ほど肌は黄色く血色がよく見えます。反対に青みの色は、青みが強いほど色が白く肌の色味が薄く感じられます。下のイラストを見てください。女性は同じ顔色ですが、黄み寄りのグリーンは血色が良く、青み寄りのグリーンは色白に見えるので不思議ですね。

女性は特に色が白く見えると嬉しいですよね。それで、顔の凸凹が目立っている、あるいはシワやクマがはっきりしてしてしまっているにもかかわらず、青みの色を好ましく思ってしまうということが起こります。

そのような時にただ色が白ければいいのではなく、自分にどちらが調和しているか、正しい見極めをする力が大切になります。