親子や姉妹でパーソナルカラー診断の結果は違う!

親子や姉妹でも、パーソナルカラー診断の結果は違う場合があります。

例えば一眼でパーソナルカラーが違うとわかる姉妹もいるし、一見似たような特徴を持っているのに違うシーズンタイプの場合もあります。


今回は、先日オンラインで診断した10代の姉妹のケースで考えてみます。


お姉さんは、ファーストシーズンがスプリング、セカンドシーズンがサマーでした。
特徴には以下がありました。

・黄みのある肌
・ツヤのある柔らかそうな髪
・白目は黄み
・緑色の血管
・コーラルピンクの唇
・オレンジっぽい手のひら


妹さんは、ファーストシーズンがサマー、セカンドシーズンがスプリングでした。
特徴には以下がありました。
とてもピンクっぽい肌
・髪は真っ黒ではない
・瞳はソフトな境界
・瞳はココアブラウン
・白目は青み
・青紫色の血管
・ローズ色の唇


上記のように姉妹でも、全く違った特徴を持つ場合があります。こちらのお二人はひと目でタイプが違うとわかるお二人でした。


では、パーソナルカラーに遺伝はないのかと言えば、そんなことはありません。


自分がスプリングだとしたら、両親もしくは祖父母にスプリングタイプがいる可能性が高いです。だからと言って兄弟姉妹で同じとは限らないという訳ですね。


親子や姉妹で服の貸し借りをすることは、体型が似ていれば特にあることだと思います。


しかしパーソナルカラーが全く反対の場合は注意が必要です。もしかしたら全く色が似合っておらず、貸し借りしないほうが良いケースがあります。


とは言え、今回見たお二人などはまだ10代なので、パーソナルカラーでない服も着ても全く問題ないと思いますね。


パーソナルカラー診断を受けたほうが、いい年齢については以下の記事で書いています。

何歳くらいからパーソナルカラー診断を受けたほうが良いか?と言う問題

まとめ

いかがでしたか?
兄弟姉妹でも親子でも、パーソナルカラーが違う可能性について書いてきました。


服やコスメの貸し借りする時、要注意です!


それではまたお会いしましょう。